虫歯と同じくらいコワイ?知覚過敏とホームホワイトニング

冷たいものを口にしたり、甘いお菓子を食べたときに、歯がズキズキ痛んだことはありませんか?それ、虫歯ではなく知覚過敏かもしれません。

歯の痛みがしばらく続く場合は虫歯の可能性が高いのですが、あくまで痛みが一時的であり、歯をコツコツと叩いても痛みを感じないようなときは、知覚過敏を疑ったほうがいいでしょう。

ホームホワイトニングジェルでキラキラ輝く歯を手に入れたい!

人間の歯は、外側をエナメル質で守られています。このエナメル質はとても硬いのですが、毎日の歯みがきや歯科での治療により削られ、歯の内部にあり神経につながっている「象牙細管」という穴が外に出てしまうことで、痛みを感じるようになるのです。

また、アルコール類や柑橘類、炭酸ジュースといった酸性の食べ物を食べる機会が多い人は、知覚過敏になりやすいともいわれています。酸性の食べ物をだらだらと口にしたり、食べ過ぎたりすると、エナメル質が溶けてしまう可能性があります。知覚過敏だけでなく虫歯を防ぐためにも、食後の歯みがきを徹底し、酸性の食べ物の過剰摂取は避けるべきでしょう。

さて、知覚過敏になってしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか。まず軽度の知覚過敏ならば、自宅で簡単に治療することができます。ドラッグストアの歯みがき粉を販売しているコーナーで、知覚過敏専用の歯みがき粉を目にしたことはありませんか?一般の歯みがき粉と違い、知覚過敏専用の歯みがき粉には「硝酸カリウム」という成分が配合されています。この「硝酸カリウム」が、前述の「象牙細管」の穴を覆うことで、歯の神経に刺激が伝わりにくくなるという効果があります。
知覚過敏が気になって日常生活に支障が出ているという場合は、歯科により歯をコーティングする治療を受けます。レーザー治療によって「象牙細管」の穴をふさぐ方法もあります。ただし、毎日の歯みがきによって、コーティングがはがれてしまうというデメリットがあり、複数回にわたって歯科で治療を受ける場合が多いようです。治療と同時に痛み止めを処方されることもあります。

もっと重度の知覚過敏になると、歯の神経を抜き、歯が刺激を感じられないようにする治療を受けます。歯の神経を抜くのは、最後の手段と捉えてよいでしょう。神経を抜くことにより歯が変色したり、歯そのものが砕けやすくなってしまうからです。虫歯が進行している場合にも、歯の神経を抜くことがありますが、できればそこまで症状が進行する前に予防したいですね。
「虫歯のように歯に穴が空くわけじゃないし、とくに気をつけなくても平気だ」と知覚過敏を楽観視するのは危険です。

ゴシゴシと歯みがきするのではなく、丁寧に歯みがきをするだけでも、歯のエナメル質が削れるのを防ぐことができます。知覚過敏になる前に、歯の健康に気を配るようにしたいですね。

親知らずとホームホワイトニングジェル

私は2年前に親不知の抜歯をしました。もう二度としたくない体験です。
親不知は下の奥歯の部分でした。私は小さい頃から歯磨きをしない子供で、高校生くらいから虫歯が増えてきました。大体の虫歯は普通に治療して治してきました。

2年前に親不知が痛みだし、今回も虫歯の治療をすれば治るだろうと安易な気持ちで、かかりつけだった歯医者にいきました。
そこで親不知を見せると、もう治療は不可能だということで、抜歯をしますとのことでした。しかもその病院では抜歯ができないということで、近くの大学病院を紹介されました。

しかし、ホームホワイトニングジェルのおかげで歯はキレイになりましたし感謝です。ただの虫歯で大学病院を紹介されるとは思ってもいなかったので、一気に不安が立ち込めてきました。
人生初の抜歯の恐怖が立ち込める中、私は紹介された大学病院へ足を運びました。大学病院はものすごい人の数で、それを見ると更に恐怖感が増しました。

順番になり名前を呼ばれると、見えたのは何十席もある治療台と沢山の先生達が治療を行っている風景でした。
私の担当の先生は、強面の男性の方でしたが優しい声で少し安心しました。

ですが治療に入ると恐怖感はピークに高まりました。特に顔は隠されず、天井の光と先生の手と治療器具が見えました。怖くてずっと目をつぶっていました。

十本以上麻酔を撃たれ、歯茎の感覚が無くなってきました。まったく感覚が無かったので、少し恐怖感が治まり何とかなるだろうという気持ちになってきました。

先生の手が奥歯のほうに向かい、先生が口を開きました。「大分根っこが深いから、一気には抜けない。砕いてから抜きましょう。」

その言葉に私は驚きました。歯を砕く?もう頭の中が真っ白でした。何かわからなかったですが、治療器具で歯を叩いたり削ったりされているような音だけが響きました。

麻酔が効いていたため、それは全く痛くなかったです。
また先生が口を開きました。「よし!抜こう!」

私はつぶっていた目を更に強くつぶりました。先生が私の歯を思いっきり引っ張てきました。なかなか抜けず、顔が引っ張られたのを覚えています。麻酔は効いていましたが、歯茎の中のは歯がごっそり持っていかれているのが分かり、本当に気持ち悪かったです。抜いた後すぐさま縫合して治療が終わりました。
終わった後、先生が抜いた歯を見せてくれました。私の親知らずは3個に砕かれていました。「もっと早く治療すれば綺麗に抜けたけど、めちゃくちゃに抜いたから血が止まらないかもしれない」と先生に言われました。

その通りで、私は1か月痛みに苦しみ、ずっと血が止まりませんでした。
これは人生で一番の地獄の体験です。それ以来歯磨きは欠かさず行うようにしています。本当に歯は大事にするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です