出産を通じて子供が私に教えてくれた大切なことまとめ

私は妊娠して、安定期に入った頃から少しずつですが、ふっくらお腹が出始めました。お腹だ出始めた頃に、母に妊娠線は一度できてしまったら消えないから毎日ケアをするようにと口うるさく言われていました。初めは、手持ちのハンドクリームやボディークリームをお風呂上がりに薄く塗るだけのケアでした。特にお腹の皮膚にも異変はなく、私は正中線もできなかったので、妊娠線もできないのではないかと思い込んでいました。妊娠7ヶ月を越えた頃から急にお腹が出て来て、ご飯を食べた後にお腹の皮膚がひっぱられて痛いと感じるようになりました。その頃になるとお腹に痒みをかんじるようになり、掻いてしまうこともあったのですが、自分のお腹をある日手鏡でじっくり見てみたところ、なんと下腹部に赤い点々のような妊娠線がいっぱいできてしまっていました。お腹がでていた為、下腹部は鏡でみないと見えないのでなかなか気がつきませんでした。その時はショックで絶望的な気分になりました。それから1週間程で赤い点々の妊娠線はどんどん広がり、ついに4センチくらいの線状になってしまいました。これ以上広がらないようにケアをしないといけないと危機感を感じ、とにかくお腹の保湿をもっとしようと思い、妊娠線専門クリームを購入してました。お風呂上がりにできてしまった妊娠線のところにたっぷりのクリームを塗り、もちろんおすすめの産み分けゼリーも優しく刺激を与えないように、円を描くように塗込みました。1度に使うクリームの量も以前の2?3倍は使っています。お腹がべとべとになるくらい塗るようにしました。1日1度だったクリームの回数も増やし、夜お風呂上がりと、朝起きてからと、夕方もお腹が少しでも乾燥していると感じたらすぐにクリームを塗るようにしました。そして、クリームに塗ったお腹の上からそのままパジャマやや洋服をきないで、コットン100のお肌に優しい腹巻きをまいてから服を着るようにしていました。
これを1ヶ月ほど続け、妊娠8ヶ月後半になった頃、恐る恐る手鏡で妊娠線を見てみましたが、以前のように急に線が広がることはなく、現状を維持できていました。やっぱり、保湿が足りなかったのが原因だったのだと感じました。そのときはじめて、どうしてもっと早くから、もっとしっかりケアしておかなかったのだろうと本当に後悔しました。安定期に入った頃からもっときちんとケアしていたら妊娠線は出来なかったかもしれないし、もっとマシだったはずだと思います。早めの妊娠線のケアがどれほど大事が思い知らされました。

知っておきたい妊娠と薬の重大な問題について考える

妊娠線は女性にしかできないと思われがちですが実は男性にも出来るものなのです。実際私がそうです。学生時代に剣道という激しい部活をやっていたため、スタミナをつける為にかなりの量の食事を毎日のように摂取していました。その食欲は引退した後まで続きました。部活をやっていた頃は食べた分のカロリーを消費出来ていたため問題はありませんでしたが、引退後は特にこれといった運動もしないで食べる量はそのままだったのでどんどん太っていきました。その太り方が急激だったため妊娠線が出来てしまいました。当初は皮膚の病気かと思い慌てて病院に行きました。しかし医師には妊娠線と判断されそれ自体には健康に影響するものではないとその時は安堵しました。しかししばらくするといくつか困ったことが起こりました。まず一つは妊娠線が出来てしまった部位はかゆくなるったり痛くなったりすることです。妊娠線はその部分が隆起してしまい、そのため服と擦れ合うと摩擦によって炎症を起こします。そのためかゆくなったりひどい場合には痛くなったりしてしまうことがあります。最悪の場合は別の症状が発生してしまう時もあります。私はベルトのバックルと隆起部が擦れたために金属アレルギーを起こし、しばらくの間お腹周りが黒くなってしまった時がありました。もう一つは一度出てしまうと治りづらいことです。妊娠線は何らかの要因で皮膚が急に膨張してしまったため、皮膚内部が裂けてしまうことによって出てきてしまいます。小さい裂傷ならばあまり目立たないのですが大きいとその部分が赤くなり目立ってしまいます。レーザー治療などでその赤みを取り除くことは可能ですが基本的には赤みが残りっぱなしになってしまいます。また急激に太ったときに出来る妊娠線の特徴としてあるのがお腹周りだけでなく二の腕や背中、太もも周りにも出来てしまうのが特徴的です。妊娠と薬の関係も知った上で、様々な部位に出来るため、プールや銭湯など肌が人目に付く場所に行った際に気になるのが悩みの種ではあります。基本的に男性の妊娠線を防ぐためには食べすぎに注意して適度に運動することが大切だと思われます。平均的な体形をキープしておけばなる事はまずありませんし、仮に年齢とともに太りやすく、あるいは太ってしまっても急激に太らなければ大丈夫です。現在は運動することを心がけていた結果、妊娠線が増えることはなくなりました。太りすぎは内臓や関節の病気に結びつくことは多く知られていますが皮膚の病気にもつながることを覚えておいてください。

虫歯と同じくらいコワイ?知覚過敏とホームホワイトニング

冷たいものを口にしたり、甘いお菓子を食べたときに、歯がズキズキ痛んだことはありませんか?それ、虫歯ではなく知覚過敏かもしれません。

歯の痛みがしばらく続く場合は虫歯の可能性が高いのですが、あくまで痛みが一時的であり、歯をコツコツと叩いても痛みを感じないようなときは、知覚過敏を疑ったほうがいいでしょう。

ホームホワイトニングジェルでキラキラ輝く歯を手に入れたい!

人間の歯は、外側をエナメル質で守られています。このエナメル質はとても硬いのですが、毎日の歯みがきや歯科での治療により削られ、歯の内部にあり神経につながっている「象牙細管」という穴が外に出てしまうことで、痛みを感じるようになるのです。

また、アルコール類や柑橘類、炭酸ジュースといった酸性の食べ物を食べる機会が多い人は、知覚過敏になりやすいともいわれています。酸性の食べ物をだらだらと口にしたり、食べ過ぎたりすると、エナメル質が溶けてしまう可能性があります。知覚過敏だけでなく虫歯を防ぐためにも、食後の歯みがきを徹底し、酸性の食べ物の過剰摂取は避けるべきでしょう。

さて、知覚過敏になってしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか。まず軽度の知覚過敏ならば、自宅で簡単に治療することができます。ドラッグストアの歯みがき粉を販売しているコーナーで、知覚過敏専用の歯みがき粉を目にしたことはありませんか?一般の歯みがき粉と違い、知覚過敏専用の歯みがき粉には「硝酸カリウム」という成分が配合されています。この「硝酸カリウム」が、前述の「象牙細管」の穴を覆うことで、歯の神経に刺激が伝わりにくくなるという効果があります。
知覚過敏が気になって日常生活に支障が出ているという場合は、歯科により歯をコーティングする治療を受けます。レーザー治療によって「象牙細管」の穴をふさぐ方法もあります。ただし、毎日の歯みがきによって、コーティングがはがれてしまうというデメリットがあり、複数回にわたって歯科で治療を受ける場合が多いようです。治療と同時に痛み止めを処方されることもあります。

もっと重度の知覚過敏になると、歯の神経を抜き、歯が刺激を感じられないようにする治療を受けます。歯の神経を抜くのは、最後の手段と捉えてよいでしょう。神経を抜くことにより歯が変色したり、歯そのものが砕けやすくなってしまうからです。虫歯が進行している場合にも、歯の神経を抜くことがありますが、できればそこまで症状が進行する前に予防したいですね。
「虫歯のように歯に穴が空くわけじゃないし、とくに気をつけなくても平気だ」と知覚過敏を楽観視するのは危険です。

ゴシゴシと歯みがきするのではなく、丁寧に歯みがきをするだけでも、歯のエナメル質が削れるのを防ぐことができます。知覚過敏になる前に、歯の健康に気を配るようにしたいですね。

親知らずとホームホワイトニングジェル

私は2年前に親不知の抜歯をしました。もう二度としたくない体験です。
親不知は下の奥歯の部分でした。私は小さい頃から歯磨きをしない子供で、高校生くらいから虫歯が増えてきました。大体の虫歯は普通に治療して治してきました。

2年前に親不知が痛みだし、今回も虫歯の治療をすれば治るだろうと安易な気持ちで、かかりつけだった歯医者にいきました。
そこで親不知を見せると、もう治療は不可能だということで、抜歯をしますとのことでした。しかもその病院では抜歯ができないということで、近くの大学病院を紹介されました。

しかし、ホームホワイトニングジェルのおかげで歯はキレイになりましたし感謝です。ただの虫歯で大学病院を紹介されるとは思ってもいなかったので、一気に不安が立ち込めてきました。
人生初の抜歯の恐怖が立ち込める中、私は紹介された大学病院へ足を運びました。大学病院はものすごい人の数で、それを見ると更に恐怖感が増しました。

順番になり名前を呼ばれると、見えたのは何十席もある治療台と沢山の先生達が治療を行っている風景でした。
私の担当の先生は、強面の男性の方でしたが優しい声で少し安心しました。

ですが治療に入ると恐怖感はピークに高まりました。特に顔は隠されず、天井の光と先生の手と治療器具が見えました。怖くてずっと目をつぶっていました。

十本以上麻酔を撃たれ、歯茎の感覚が無くなってきました。まったく感覚が無かったので、少し恐怖感が治まり何とかなるだろうという気持ちになってきました。

先生の手が奥歯のほうに向かい、先生が口を開きました。「大分根っこが深いから、一気には抜けない。砕いてから抜きましょう。」

その言葉に私は驚きました。歯を砕く?もう頭の中が真っ白でした。何かわからなかったですが、治療器具で歯を叩いたり削ったりされているような音だけが響きました。

麻酔が効いていたため、それは全く痛くなかったです。
また先生が口を開きました。「よし!抜こう!」

私はつぶっていた目を更に強くつぶりました。先生が私の歯を思いっきり引っ張てきました。なかなか抜けず、顔が引っ張られたのを覚えています。麻酔は効いていましたが、歯茎の中のは歯がごっそり持っていかれているのが分かり、本当に気持ち悪かったです。抜いた後すぐさま縫合して治療が終わりました。
終わった後、先生が抜いた歯を見せてくれました。私の親知らずは3個に砕かれていました。「もっと早く治療すれば綺麗に抜けたけど、めちゃくちゃに抜いたから血が止まらないかもしれない」と先生に言われました。

その通りで、私は1か月痛みに苦しみ、ずっと血が止まりませんでした。
これは人生で一番の地獄の体験です。それ以来歯磨きは欠かさず行うようにしています。本当に歯は大事にするようにしましょう。

ダイエットにおいて甘いお菓子、菓子パン、インスタントラーメンなどは大敵である

スーパーやコンビニなどで買い物をしていると、甘いお菓子、菓子パン、インスタントラーメンなどと
カロリーや糖分が多い食品をたくさん買う人が非常に多いです。しかし、このようなものは栄養価が低くて太る一方で
肥満をさらに加速する要因にもなり、まして無駄な物であってそれらものを全く食べなくても十分生きていくことは可能です。
というよりは、むしろそれらのものを食べない方が健康的な生活を営むことができるのです。
私はそれらものを目にするだけで、拒絶反応が自然に起こります。とても口に入れることはできません。とにかく私は太るのが怖くて
ダイエットに余念がないので、それらものは決して食べてはならないという自分独自のルールをことごとく貫いています。
特にレジが混雑している時に、このような無駄な食品がカゴに多く入っている人を見るといらいらしてきます。
ましてそのような人が太っているとなると「あの人は自分が太っているという自覚がないのかしら」と心の中で強く思います。
太っていると健康を害するだけでなく、就職試験においても自制心が足りないとみなされて不利な状況に追い込まれます。
とにかく、そのような栄養価が低くて無駄なものを食べなくても生命活動を営むことができます。
そのようなものを買うと太るだけでなく、出費もかさむという2重苦にも陥ります。そのようなものにお金を使うぐらいならば、
ダイエットを意識してスポーツクラブにお金を使う方がよほど健康的だと思うのです。
いっそのこと、そのような無駄な食品をなくせば肥満や糖尿病といった生活習慣病はなくなるのではないかと思います。
そしてレジの混雑を避けることもできます。今の70代後半から80代の戦後を経験している人達は、今のように食糧が至る所
にあふれているわけではなかったこともあって、肥満や糖尿病は今の時代に比べるとずっと少なかったです。
それに対して今は食糧が本当にあふれており、特に甘いお菓子、菓子パン、インスタントラーメンなどは
いわゆる麻薬みたいなもので、なかなかやめることができないのが現状かもしれません。
しかしおいしいからといって自分に甘くなって自己管理を怠ると、肥満の道をまっしぐらとなって後で痛い思いをします。
生命活動を営むには3度のバランスのとれた食事をきちんと食べていれば、お菓子などの無駄なものは食べたいとは思わないのです。
そのようなものを口にしないためにも、3度の食事はしっかりと食べることが大切あり、3度の食事さえしっかり食べていれば、
甘いお菓子のようなデザートのようなものは一切不要です。
その原則を守ることはダイエットにおいて一番の基本であり、英語にあてはめるとBe動詞のようなものです。

自分に合ったダイエット探しをしました

元々、細身だった私が結婚、出産を経てトータルで20キロも太ってしまいました。
痩せる為にダイエットを始めたので、色々試してみた事を書いていきたいと思います。
まず、晩御飯を抜くダイエットをしました。学生時代もこのダイエットをした事があり、1ヶ月でマイナス4キロと言う結果が出たので、今回も期待しながら始めてみました。…が、家族の晩御飯を作らないといけないので、我慢すればするほど、どうしても食べたくなってしまいました。晩御飯食べないダイエットを始めて、一週間ほどで、残念ながら断念してしまいました。
次に、晩御飯置き換えダイエットをしました。置き換えするスムージーをドラッグストアで購入。シェイカーで豆乳と混ぜ、飲んでいました。
今度こそ続けていけそうな気がしていたのですが、やはり寝るまでにお腹が空いてしまい、「晩御飯食べていないから」と理由を付けて間食するようになってしまいました。
次に、ウォーキングを始めてみました。ダイエットが目的でしたが、歩くと気分が爽快になり、ダイエットだけでなく、気分もリフレッシュする事ができたので、これは今でも続けています。
次に、ネットでトランポリンを購入し、雨の日など、ウォーキングに行けない日はトランポリンを飛ぶようにしてみました。
ただジャンプして飛ぶだけではなく、痩せるトランポリンの飛び方の動画を見ながら、ジャンプしています。少しの時間で汗をかくので、ダイエットしている!と実感できます。
次に、手首と足首に巻くタイプの重りを購入しました。ウォーキングや家事の時に巻いて使用していましたが、付け忘れてしまう事も多くなり…今は、思い出した時だけ使用しています。
次に、ヨガを再開しました。妊娠したので止めてしまいましたが、産後太りを改善する為に週一回、ヨガ教室へ通っています。腰痛も持っていたので、こちらもダイエットだけでなく、腰痛も改善する事ができ、今も続けています。
色々な種類のダイエットを試してきましたが、やはり体を動かして痩せるダイエットが、私には向いていると感じました。そして、ダイエットの一番の敵は、自分の甘えた気持ちだと学びました。
元々、甘い食べ物が大好きなので、ダイエットしたからとか、運動したから、と言い訳してつい、食べてしまい、その後必ず後悔していました。今では三日に一度だけ食べて良いと言う自分ルールを作り、実行しています。
すぐに効果を期待するのではなく、自分の健康の為にも、長くダイエットを続けて行きたいです。

ぽっこりお腹解消ダイエット筋トレをしよう!!

ぽっこりお腹を解消する筋トレについてです。

やり方は超簡単です。
まず、普通の腹筋の筋トレをイメージしてください。やり方は似ていますが、異なる点はへそのちょっと下を少しだけ1センチほどへこませるのを意識することです。
1センチほどへその下をへこませてへこませたままへそを見るようにして手を頭の後ろに当てて頭をおこします。頭を限界までおこしたらそのままゆっくりおろします。おろしたときにはへそはへこんでいません。
普通の腹筋の筋トレと違う点はへその下をへこませることと、へそを見ながら頭をおこすこと。
やってる最中の注意点です。必ず足の裏は地面に全部ついていること。ここには注意してください。
上記の頭をおこしてゆっくり下げる運動を5回で1セットです。これを1セットだけでいいので朝と夜にやってみてください。
1ヶ月もすれば効果を感じることができるはずです。2ヶ月もすればぽっこりお腹が解消されています。
ほとんど疲れることもなくできるので、ダイエットが苦手な方にも続くと思います。大事なのは継続は力なりを忘れないことです。それと、やるならお風呂に入る前にやったほうがいいと思います。理由は、汗をかくからです。せっかくお風呂に入ったのに汗をかいて寝るのはあまりおすすめできないので、やるのならお風呂に入る前にやったらいいと思います。
自分の場合は2週間ほどで効果を実感できました。1ヶ月もたった頃にはぽっこりお腹がほとんど解消されていました。今はやり続けて4ヶ月目ですが、ぽっこりお腹は解消しています。ぽこっと下に出ていたお腹がキュッと上に引き締まってへっこんでる感じです。体型がスマートになったので続けて良かったなと思っています。
自分自身とても飽きやすい性格なのですが、この筋トレは簡単に短い時間でできるのでとてもおすすめです。ほとんどきつくもありません。
やってる最中にへその付近に重みを感じますが、ダイエットできてる証拠です。引き締まってきますよ。
もっと回数をこなすことができるという方は回数を2セットにするのもいいと思います。ただ、続かなければ意味がないのであまり無理をするのはおすすめしません。

腹筋を割るというのとは違く、今回ご紹介したこのダイエット筋トレはぽっこりお腹を解消するためのものなので腹筋を割るのとは違います。
自分も今も続けているので、皆さんも継続は力なりで続ければ必ず効果は出ると思います。
このダイエット筋トレは本当に優れてて、女性にも男性にもおすすめします。

ダイエットは忍耐と努力と継続。わかっちゃいるけど…

私は今までにたくさんのダイエットをしてきました。
元々どんなに食べても太らない体質だったのですが、歳をとるとともに代謝が悪くなったせいもあり少しずつ体重が増加し気づけば痩せていた頃に比べプラス8キロに。
さすがに太りすぎたと思い、まず最初に始めたダイエットが一食置き換えダイエットです。
晩ご飯の代わりにダイエット用のシェイクを飲んでいました。2週間程続けたのですが、体重の変化はなく目の前で美味しそうにご飯を食べている家族を見ていると我慢が出来なくなり断念。
次に始めたのが週4日1時間のウォーキングと岩盤浴です。
岩盤浴で新陳代謝をよくしその後ウォーキングをしていたのですが、運動の後のご飯がすごく美味しくて気にせず食べていた為体重は減らず。
今日は雨だからっとか寒いから風邪をひくかもっとか理由をつけてはウォーキングをしなくなりました。
すると逆に体重が1キロ増えてしまいました。
3ヶ月程続けたのですが、このダイエットも続かず。
しかし代謝がよくなり冷え性がなおりました。
次に始めたダイエットがプチ断食です。
私がしていたプチ断食は3日間朝昼夕はヨーグルトと野菜ジュースだけで、お腹がすいたら炭酸水を飲むというダイエット法です。
3日間続けると体重がマイナス3キロ落ちる為、効果がすぐに出るのでやりがいを感じていました。
しかしこのダイエット法は誘惑がすごかったです。
匂いに敏感になり食べ物のいい匂いがすると頭の中が食べ物の事でいっぱいになります。
その誘惑に勝たなければなりません。
一回のプチ断食で3キロ落ちるのですが、断食が終了するとすぐに2キロほど戻ります。
ドカ食いすると落ちた体重よりも増えてしまうので要注意です。
これを月に3回実施していました。
すると1ヶ月でマイナス3キロに。
このプチ断食を2ヶ月続けマイナス6キロになり、あと2キロ体重を落としたらプチ断食を辞めようと思っていた頃に、妊娠発覚。
断食を辞め妊娠生活を送っていました。
妊娠中は体重管理をしっかりとし、妊娠前の体重よりプラス8キロで出産をしました。
現在、産後3ヶ月ですが、体重は妊娠前の体重に戻っております。
産後にしたダイエット法は授乳ダイエットです。
食事を和食中心にし、間食をしないっというものです。
どうしても間食をしたくなったら、和菓子を少しだけ食べています。
たったそれだけです。
どのダイエットも続かなかった私ですが、これならいけるかも。
授乳中はトップアスリート並みにカロリーを消費するとのことだったので、これを機にどんどん痩せていけたらっと考えています。
甘いものの誘惑はありますが、元の体重に戻る為頑張ります。